liaoi99

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://gifu.areablog.jp/liaoi99

ロレックスGMTマスター時計の良さは何?

非常に高い人気を誇っているロレックスGMTマスター時計の良さは何でしょうか。
バブル期は、実はいまのように、ここまで割高ではなかったのです。エアキングなら10万円台後半、クロノメーターのオイスターデイトでも25万あれば並行品が購入できました。
この価格だと正確で、堅牢で激安ではないけれども長く使えることを考えればコストパフォーマンスは必ずしも悪くない。つまり、「品質と価格のバランスが取れている」ということですね。
この頃が良過ぎてロレックスは伝説化してしまいました。今はかなり高くなって、グランドセイコーの機械式のほうがコスパがいいです。それでもリセールバリューまで考えるとそう高い買い物でもなくなってきます。セイコーのほうが買い叩かれますからね。
総合すると今のロレックスGMTマスターのよさは誰でも知ってる、知名度の高さとそこからくるリセールバリューのよさではないでしょうか。
これさえ持っていれば・・・という「安心感」でもありますね。
高価な時計という確固たるイメージがありますから。「いいもの使っている」という自己満足と他人へのアピールができるブランド力としてはベンツやBMWに並ぶものでしょう。ロレックスの良さってそういうことですね。それを良いと思うかどうかは個人の価値観で変わるものです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11698891c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

安いものにはわけがある!と言われるが、10000円以内で良い腕時計は探せますか?

価格はチープでも見た目はGOOD。そんな理想のロレックス腕時計の1本は存在しますか?大人であれば、時間を知るのにスマホではなく腕時計を使いたいものです。しかし上を見たらキリがないのが腕時計ですね。腕時計に潤沢な予算をかけることが難しいならば、とりあえず低価格で見た目も機能も大人が着用しても恥ずかしくないものを選びたいところですが、そんな理想の1本は存在するのでしょうか?答えは「Yes」。選ぶポイントさえ間違えなければ、低予算でもクオリティの高い腕時計が選べます。
アンダー1万円でも大人にマッチする腕時計をいくつかご紹介します。

『チーポ』ハロルド/7,344円(税込)
今シーズン多くのブランドやセレクトショップが注目する『チーポ』は、2005年に誕生したスウェーデンのブランド。ブランドの名が示すとおり、チープでポップでありながら、シンプルでセンスのいいデザインで、非常にコストパフォーマンスに優れた腕時計をラインアップ。こちらのハロルドは好例ですね。

『タイメックス』ウィークエンダーヴィンテージ/7,790円(税込)
アメリカのウォッチブランド『タイメックス』の中でも、日本での人気が非常に高いウィークエンダーシリーズ。中でもこのモデルは深みのあるカラーリングとヴィンテージ風のデザインで大人のカジュアルスタイルにピッタリの1本。上質で柔らかなレザーバンドも雰囲気です。

『シチズン』レグノソーラーテック/9,800円(税込)
昨今腕時計のトレンドとなっているシンプルでスマートなデザインをまとったこのモデル、この価格で電池交換のいらないソーラーテックを搭載している点に注目。もちろん日本が世界に誇る『シチズン』製のムーブメントは信頼性の高いのも特徴。ビジネスからカジュアルまで幅広く使えます。

『シチズン』クオーツ/9,057円(税込)
日付、曜日や24時間計を搭載した42mmの存在感のあるフォルムのこのモデルは、とてもこの価格には見えない高級感。それでいてギラついた派手さのないところが非常に好印象なモデル。カジュアルスタイルにはもちろん、ビジネスシーンでも使いやすい1本となっています。

『タイメックス』オリジナルキャンパー/8,964円(税込)
視認性や耐久性が高く実用性に優れたミリタリーウォッチは、カジュアルスタイルに相性のいい腕時計です。1980年代に発売され人気となったキャンパーをクォーツムーブメントに置き換えて復刻したこのモデルは、デニムやチノパンを使ったラフなカジュアルに非常に相性のいい1本です。

『ニクソン』レンジャー40/9,720円(税込)
定番的な人気を誇るアメリカの老舗ウォッチブランド『ニクソン』のミリタリーウォッチ。このレンジャー40はシックなカラーリングでオンタイムやきれいめカジュアルとも好相性の仕上がりに。バンドはレザーブランドホーウィン社のレザーを使用し、より高品位なルックスになっています。

『ブロニカ』BR-817/9,800円(税込)
低価格で高品質な腕時計を作り続けている『ブロニカ』の腕時計はすべて日本製。細部までこだわった技術と信頼性、そして品のある端正なルックスで人気を博しています。本格的なクロノグラフとして、ビジネスでもカジュアルでもシーンを選ばず着用できる頼もしい1本です。

いかがでしょうか?あなたが気に入ってる低価で品の良い腕時計はどれでしょうか?





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11698890c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ムーンウォッチ」と呼ばれるオメガのスピードマスター・プロフェッショナル

日々、新しいパネライ時計が欲しいという欲求がおさまらない私です。手堅くロレックスにしておけと周りから言われますが、最近のロレックスの高騰ぶりについて行けずにゲンナリしております。ロレックス以外に、何か良い時計はないでしょうか?ロレックスが高騰しすぎた今、何を狙えばいいでしょうか?そのブランドはオメガです!
皆さんご存知の通りロレックスに引けをとらない知名度を誇るスイスの時計メーカーです。
パネライ腕時計を選ぶときに、何を重視するかは人それぞれだと思いますが、私は以下の項目を重視したいです。
オメガは1848年、スイスで創業して、1965年にNASAに公式採用されます。1969年7月、アポロ11号の宇宙飛行士 ニール・アームストロングとバズ・オルドリン博士が人類初の月面着陸に成功した際に着用していた腕時計が、オメガの「スピードマスター・プロフェッショナル」です。その時から、「ムーンウォッチ」と呼ばれる様になります。過酷な宇宙環境に耐える事が出来る時計を採用する為にいくつものブランドの腕時計でテストを行い、唯一そのテストをパスしたのがオメガのスピードマスターでした。
しかも、普通に市販されていた商品を用いてテストされたそうです。月面着陸を果たした腕時計を店頭で普通に購入出来たんですね!宇宙の過酷な環境下でも通用する性能を備えている腕時計が店頭販売されているとはカッコイイです。実力でもあります!
知名度ではオメガにも勝るロレックスですが、NASAに採用されたのは意外にもオメガでした。歴史もあって確かな実績もあります。スピードマスターを着けていれば宇宙規模の話が出来そうなスケールのデカイ話が出来そうな気がします!
腕時計は時を刻み、人生を共に歩む同士のようなものです。その同士に愛着を持ち、生い立ちや歴史を語る事に喜びを感じて欲しいです。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11693218c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パネライ腕時計のクオーツの寿命について

よく、「機械式の腕時計は一生使うことができる」と言いますが、クオーツの腕時計は一生使うことはできませんか?確か交換する部品がメーカーにそんなに長く置いてない、みたいなのが理由でしたっけ?日本製の腕時計ならできそうな気がしますが、外国製の腕時計はどうでしょう?例えば、ハミルトンの腕時計のクオーツなど、電池交換を繰り返したりして、完全に使えなくなるまで何年程度使うことができるんでしょうか?

機械式パネライ時計というのは、懐中時計の時代からも含めて、数百年というスパンで耐久実験がなされているわけですね。一方、クォーツ腕時計というのは、初めて世の中に出てから、まだ40年ちょっとしか経っていないのです。ですから、クォーツ腕時計は、その経年耐久試験をやっているようなものなんです。まだ、どれだけもつのかは、分からないということです。今のところわかっていることは、製造後30年くらいの、初期クォーツ時計が、現在ばんばん不動になってきているということです。

アンティーク中古市場には、「たまたま好調に動いている個体」が出回りますから、昔のクォーツ時計が元気に今も動いているかのような錯覚におちいりますけれど、ばんばん止まっています。そして、セイコーでも修理がきかないという場合がかなり多数にのぼるようです。部品がありませんものね。たまたま「セイコーで修理してもらえた!」というケースもあるようですが、それは本当にたまたま、昔の部品が残存していたという場合だと思います。
パネライ時計用の電子部品というのは、基本的に再生産されないと聞いております。つまり、「昔の規格のまま通じるように最近作った代替部品」みたいなものはないんだそうです。ですから交換部品は、昔の時計の製造当時にストックしておいた部品だけらしいです。
こうした事情は国内メーカーでも海外メーカーでも、基本、同一だろうと考えられます。現代において製造されたクォーツ腕時計が、どのくらい耐久するのかは、実際に使ってみないとわかりません。
なお、一生使うとしたら、機械式だって莫大な労力と費用がかかりますから、同じといえば、同じですね。ただ、機械式には実際に一生以上の時間を持たせてきた実績とノウハウが蓄積されていますから、そういう意味で安心ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11693217c.html
パネライ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11688398c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

クリスマスに大切な女性へ贈りたい腕時計、相応しいブランドは?

時計好きな女性は意外に多いです。腕時計好きは男性と世間では思われていますが、腕時計好き女子も近年は増加傾向にあります。2016年にスイス時計協会が日本で行なった調査結果では時計購入歴のある男女(値段は問わず)約1万5千人からの回答の内、26%の男女が「30万以上の腕時計に興味がある」と回答して居ます。女性が喜ぶクリスマスプレゼントの各種調査で「腕時計」はほぼ毎年上位にランクされます。また年齢が上がる程「高級腕時計」へシフトして行く傾向にあります。もし貴方が20代前半であればリーズナブルなペアウオッチもオススメです。しかし、30代後半以上の夫婦、カップルの男性ならパートナーの女性へ高級腕時計のプレゼントを贈る事は年齢的にも良いタイミングと思います。
ある雑誌の調査で、女性が欲しい時計ブランドはカルティエ、ロレックス、オメガ、エルメス、ブルガリという順になっていました。意中のブランドを今、女性が保有していないタイミングでのプレゼントであれば喜ぶ事に間違いありません。
83.新郎新婦は時計を持たない?結婚式場の事情
よく、「結婚式当日は、あっという間に時間が過ぎてしまった」という感想をもらす新郎新婦がいます。実際、そういうものなんですが、みんなが強くそう感じるひとつの理由は、「時計がない」ということではないかなと思っています。
さて、実は、新郎新婦は、結婚式〜披露宴の間、腕時計をすることはありません。新婦がつけないのは当たり前のような気がしますが、新郎もつけないんです。着るシャツにもよりますが、男性は通常は腕時計をつけません。
そして、結婚式場というのは、なぜか、「時計」がほとんど設置されていません。「時間を気にせずに楽しんでください」ということなのかもしれませんが、実際は、時間に追われて指示されるのに、時計はないんです。
まあ、チャペルの中にロレックス時計があると、ちょっとアレかもしれませんが、披露宴会場には時計があってもいいような気がしますし、時間を気にしないといけない「メイクルーム」なんかには、時計は置くべきだと思います。でも、ないんです。というわけで、新郎も新婦も、「時間」を知ることができません。このため、「カメラマンさん、今、何時ですか?」とよく聞かれます。余談ですが、結婚式場によっては「スタッフが時計を見ている姿は、お客様に対して失礼だ」ということから、キャプテンなんかは除外して、配膳のスタッフなどには「時計を外しなさい」と指示しているところもあります。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11688397c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一生ものの腕時計なら、どの腕時計を選びますか

グランドセイコーやオメガ、ロレックスの現物を見てきましたが、どれもすばらしい腕時計だと思います。高級腕時計は上を見たらきりがないほど奥深い物です。オーデマ・ピゲ、ブレゲなどスイスの時計は芸術です。

最近、一生ものの腕時計なら、ロレックスかグランドセイコーか、オメガ…どちらにしようかと悩んでみました。個人的には、ROLEXは「無難」であり「定番」であり「保守的」なイメージがあります。つまり、鞄や財布でいうルイ・ヴィトンみたいな地位でしょうか。ROLEXを選べば、時計通からは何も思われなけど、普通の人からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

GSを選べば、普通の人からは何も思われないけど、時計通からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

自分は、時計の本質を解らない人100人から「いい時計ですね。」と言われるより、時計の本質を解っている人1人に「いい時計ですね。」と言われた方が何倍も嬉しいです。ですから,自分で気に入った時計が「一生物」なのだと思います。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11684261c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今のオメガと昔のオメガ、あなたはどちらのオメガが好きですか?

これは悩む方が多いと思います。自分もかなり悩みますね。まあどちらかと言われれば自分は昔ですが、いわゆる値段ですよね。自分が新卒の頃に腕時計屋に行った時に必ず勧められるのがオメガスピードマスターでした。値段が手頃でデザインがカッコよくて新入社員の方は一体何人の方がこの腕時計を買わされたのだろうか?

しかし昨今のオメガの現行モデルは昔と比べると高額化がどんどん進んでいるような気がします。もう新卒サラリーマンにオメガスピードマスターなんかすすめられなくなってきていたりします。ロレックスと同じように、なんでこんな値段になってしまってるんだ!という感じがとてもする。だから昔がいいですね。

と言っても時代はどんどん動いています。という事で今のオメガを好きになる為の事をちょっと調べて行こうと思います。皆さんこの言葉を聞いたことがあるだろうか?コーアクシャルという言葉を。まずは帯磁性がすごいです!

昔はそんなのなかった・・・1894年にオメガはオメガというキャリバーを作ったが、当時ここまで電磁波が埋もれる社会になるとは想像しなかっただろう。そんな世知辛い現代社会においてオメガは「これはアカン」と思って無敵艦隊のキャリバーを作ろうとなったのがこのコーアクシャルです。

携帯電話で200ミリガウスくらいである。だからもう携帯電話を10台くらいもっても平気なわけです。因みにロレックスのミルガウスは1000ガウスなのでその凄さが伝わって頂けるんですね。だからシーマスターコーアクシャルなんて言ったら深い水深でも平気、電磁波も平気という最強時計です。さらに、この機械はオーバーホールの頻度が激減しました。約8年に1度でも問題ないとまで言われている優秀さを誇っています。

と考えると今のオメガの値段が高くなっているのは納得できます。こんなにいいキャリバーなのだからです。今のいいところと昔のいいところを融合させているオメガのモデルはまさに最強であります。

今は今でいいところがあるし、昔は昔でいいところがありますね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11684260c.html
オメガ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

1万円以下でいいロレックスGMTマスター腕時計は探せるのか

1万円以下のロレックスGMTマスター腕時計を探す際に大人が譲れないこだわりがありますが、低価格の腕時計だからといってすべてを妥協するのはNGです。やはり、こだわるべき部分はこだわって選ぶことで、より満足のいく1本と出会いたいですね。そのためには何にこだわればいいのか、以下では3つのポイントを解説します。

まずはベーシックでシンプルな機能とデザインを選ぶ事です。

低予算でロレックスGMTマスター腕時計を選ぶ1番のポイントは、あれもこれもと欲張らないことです。1万円以内でも機能てんこ盛りで攻めたデザインの腕時計も多く見られますが、余計にチープに見えて逆効果。不必要な機能や過度なデザインにかけるコストをムーブメントや材質に使っている時計のほうが、同じ1万円以内という条件ならより高品質で上品なものを選べます。

ポイント2は、上質な素材使いのものを見極めることです。

売っているときには同じように見えても、いいものとそうでないものの違いは使っていくうちに素材の質の違いが如実に現れてくるという点にあります。具体的にはケースやメタルバンドの塗装がはげたり、レザーや合皮バンドの早期の劣化などがよく目立つ部分ですので、各部の素材にそれなりのものが使われているものを選べば、ワンランク上に見える腕時計を選ぶことができます。

最後は、低価格だからこそ信頼できるブランドに頼ることです。

価格はチープでも、シックで品のある表情や故障せずに正確に時を刻む腕時計であれば、それだけ長く使うことができます。そのためにはやはり信頼できるムーブメントと丈夫なケースであることが重要です。低価格のロレックスGMTマスター腕時計だからこそ、実績のある時計ブランドのものを選ぶことで、長く使えるお気に入りの1本となるでしょう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11680623c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41

秋到来です!今日は秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41チョコレートダイヤルを紹介したいです。

秋と言ったら食欲の秋!『味覚の王様松茸』や『柿』『栗』など、秋の食材には茶系のものが多いせいでしょうか?秋のカラーといったら茶色というイメージがありますが、そこで今回は秋のシーズンにピッタリのチョコレートダイアルのデイトジャスト41を発見したのでレビューしたいと思います。

デイトジャスト41、機械の自動巻で素材はエバーローズゴールドとステンレスです。カラーはチョコレート色でケースサイズは41mmの防水性が100mです。

デイトジャスト41のカラーバリエーションで個人的に一番好きな文字盤カラーです。落ち着いた色味のローズゴールドに渋いチョコレートダイアルの組み合わせはもう最高です。

20代前半の頃は、茶系のカラーにはまったく興味が湧かなかったのですが、年を重ねるとどうやら好みも変わるようです。今ではかなり好きなカラーとなりました。チョコレートダイアル(ブラウン系)のダイアルには色味が近いローズゴールドのコンビが一番合いますね。雰囲気抜群だと思いますが、いかがでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000257103/p11680622c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
liaoi99

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 10 275
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード