のんびり岐阜まちなか歩き

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://gifu.areablog.jp/machinaka

町屋を訪ねて〜川原町屋

町屋(まちや)とは、町人の住宅のことである、つまり、農家に対し商業や工業を営むための都市住宅である

町家(まちや・ちょうか)ともいい、特に商いの場を兼ねた町屋は商家(しょうか)と呼ばれることもある

あるいは町屋の街並みをさし、商家の街並みは商家町ということもある、宿場における街並みは宿場町と呼ばれ、城下においては城下町と呼ばれる

 

 

町屋はあっても見学するところは少ないです、現在も生活をなさっているところもありますので

岐阜にも町屋は残ってます、現在はお店と利用していて見学が出来るところを紹介します

 

ここ川原町屋は築100年を越えて、現在お洒落なカフェとして皆さん利用されてます

 

入口を入ると、小物などを販売しているスペースです

 

 

和雑貨を中心に小さな置物まで、見ているだけで楽しくなります

和紙なども充実しています、ここは昔紙問屋でした、長良川の上流美濃市より美濃和紙がここを経て各地に配達されました

雑貨が置いてあるところは畳で、その奥から2階へ上がることが出来ます、2階からの川原町の景色も良いものです

 

上を見ると、吹き抜けがあって明かり窓があります、普通の日本建築の家ではあまり有りませんね

 

 

それから奥へ行くと、カウンターがあってそこで珈琲など入れてます

その奥に中庭があって蔵へと続いています

 

 

蔵はもちろん紙問屋だった頃は紙が沢山積まれてあったのでしょう

現在は喫茶スペースとして落ち着きの空間となっています、2階もあって小さなギャラリーの空間です

 

蔵の横から裏に抜けることが出来ます

階段があってそこは下がっていきます、昔裏は水路が引かれてあって舟で裏まで着けることが出来ました

 

 

上流より荷船が来ると裏まで引き込んで、そこから荷を上げた模様です

この裏は、蔵のある散歩道として良い感じになってます、歩かれると分かりますが家までの高さに石垣があって、昔水路だった名残があります

 

蔵の裏には、月見台と言われているテラスがあって、そこから金華山岐阜城が見えます

カフェで休憩されるだけだと、ここまでは入って行けませんので知らない方も多いかと思います

裏に回ると赤い和傘が立ってますのでよく分かります、黒い塀と赤い傘が素敵な良い被写体になってます

 

 

表の間口に比べて奥に入っていくと、とても長いことに気がつきます

いわゆる「うなぎの寝床」で、昔の税金が間口で決まってましたので、細長い家が出来ました

 

ゆっくりお茶も良いですが、歴史有る町屋のなかも味わうのも良いではないでしょうか

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000025519/p10892631c.html
川原町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ラブラブ猿

恋が結ばれる でお知らせしました庚申堂

 

ハートの受け石に触ってお参りすると

 

 

恋が成就する


と、言われてます、言ってますが正解かも(爆)


そんな、庚申堂の前にある

 

木楽

 

 

そこで新しいお土産が

 

この庚申堂に飾られている、吊しの人形

 

 

元は赤子なんですが

これから発展して、さるぼぼやつるし猿、身代わり猿になっています

 

恋が成就すると言うことで

 

ラブラブ猿

 

 

普通に丸、お手玉が付いているように見えますが

いわゆる2体が抱き合って離れなくなっています


上の写真の吊しの人形をみたいな物を、合わせて一つの丸にした物です

 

くくり猿 → 猿結び → さる結び → 縁結び

 

と、前にも書きましたが、縁が結ばれて ラブラブとなったのです 


庚申堂お参りのお帰りには、木楽さんに寄ってご購入を


他にも縁起物のミニ下駄などがあり見るだけでも楽しいので

 

是非川原町に来られたら寄って下さい

 

 

ラブラブ猿

 

いわゆる合体しているのですよね、考えてみればちょっとエッチな発想ですよね(爆)



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000025519/p10632534c.html
川原町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

庚申堂

2月26日の岐阜新聞

いつものように、やななの記事が載っていました

 

 

その記事ではなく

その上「庚申堂の屋根 お色直し終わる」

 

 

は、前のブログ

 

屋根の上の猿 恋が結ばれる

 

で書いた所です

 

今年の初庚申が2月29日に行われます

庚申堂では、庚申の日に美江寺住職がお経をあげています、ぜひ、足をお運びいただきお参りください

 

この写真左側

私なんですが、いつもの水色のユニフォーム着ていないので

誰も見つけてくれませんでした(涙)



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000025519/p10598486c.html
川原町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

屋根の上の猿

前のブログ 恋が結ばれる のお堂

 

 

この庚申堂は、川原町の中にあって伝燈護国寺の跡地とされる

伝燈護国寺は、斎藤義龍が永禄3年(1560)に、京都の妙心寺から僧・別伝を招いて建てたといわれています

 

義龍は、その当時勢力を増しつつあった禅宗寺院を抑えようと、禅宗の中心寺院だった瑞龍寺から、この寺に統制権を移そうとした

しかし、禅僧の快川紹喜(心頭滅却すれば火自ずから涼しで有名)らによる「別伝の乱」が起き、翌年義龍が亡くなり反乱も治まり、この寺は廃寺となりました

 

その後の延宝年間(1663〜1681年)に再興され、「井口山東伝寺」と称されました

庚申信仰が普及し、町の人々から「庚申堂」と呼ばれ親しまれ、現在の美濃六庚申堂に至りました

 

 

庚申堂とは庚申信仰に基づいて建立される仏堂のひとつ

 

庚申信仰、庚申講とは、人間には生まれた時から胎内に三尸(さんし)と言う悪い蟲がいて、その人間の悪行を四六時中監視していると言われてます

 

それが庚申の日、身体を出て天に昇り、その宿主の悪い行いを天帝に告げ口しに行くのであります

その告げ口のせいで、人間の寿命が縮められてしまうと信じられていました

 

三尸とは、人の身体の頭(上尸)、内臓(中尸)、下半身(下尸)に一匹ずつの蟲です

天帝から命を受けて人体に棲息していて、それぞれが持つ巻物にはその人間の悪事が、詳細残らず記されているそうです

 

 

庚申の日に当たる夜に三尸が体から出ていかないように、徹夜して起きている習慣が奈良時代頃から行われていました

一人で起きていることは難しく、人が集まって会食・歓談・酒宴などをしながら、皆で眠らず夜を過ごしました

この集まりを「講」と言い、夜を過ごすことを「庚申待ち」と言います

 

初めは、貴族などの上流階級で盛んに行われていましたが、江戸時代になると庶民の間にも広がってきて、全国に庚申塔や庚申塚が全国に出来たそうです

 

ご本尊は、青面金剛像、守護神帝釈天の使者として祀られています

その下に、三猿がいて申が猿と結びついたものといわれます、これから神道の猿田彦命も祀られています

また猿が庚申の使いとされ、庚申塔には「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿が彫られることが多かった

 

 

庚申堂の屋根を見ていただくと、猿が居ます

庚申日などのお問い合わせは、美江寺観音(058-262-6793)となっています

 

川原町の散策の途中に猿を見つけに行って下さい

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000025519/p10596512c.html
川原町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

恋が結ばれる

岐阜川原町にある美濃六庚申堂、元々は1560年(永禄3年)に斎藤義龍が伝燈護国寺を、この地に建立しその後廃寺となり庚申堂が出来たのですが、その辺りはまたレポートしようと思います

 

 

最近木も伸び放題だったのを剪定して綺麗にしたところ、隠れていた物が出てきました

雨水を屋根から伝え流していったん貯めて横に流す受け石

 

 

その受け石、石じたいは結構古そうなんです、石の形から受け枠をくりぬいたと思うのですが、その形が

 

なんと、ハート、いつ作られたのか分かりませんが、ハートなんです

 

庚申堂の使いは猿です、京都の庚申堂では「くくり猿」ものが飾ってあります

奈良にもあって、「身代わり猿」と言って登録商標になっているそうなので、くくり猿と言いますが

 

くくり猿さる結び猿結びえん結び縁結び

と言うことで、恋愛成就するお堂と言うことで、京都の庚申堂は有名なんです

 

そんな庚申堂に、川原町の庚申堂に、ハートの受け石があるなんて

 

 

ここで受け石に触ってお参りすると、恋愛成就します、よね(笑)

 

恋愛成就したい方、岐阜川原町に来たら庚申堂へ参ってください

 

ハートの受け石に触って願い事をすると

 

恋が成就するかも



恋愛成就
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://gifu.areablog.jp/blog/1000025519/p10591844c.html
川原町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
まちなか案内人イメージ
まちなか案内人
プロフィール公開中 プロフィール
岐阜の「ええとこ」観光巡り。
観光だけでなく、まち歩きをして一服できるところや、グルメなどを、また脱線して意外なことをアップしてしまうかも知れません(笑)
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 15 296497
コメント 0 248
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク